髪,パサパサ,細い

髪のトラブル上位!「パサパサ」「細い」は治せるって知ってた?

髪のトラブル上位!「パサパサ」「細い」は治せるって知ってた?

 

 

髪のパサつきっていつから始まるんでしょうか。
あまりに髪の毛がパサついていると、老けて見えるというより、だらしがないように見えて嫌ですよね…。

 

あとは髪の細さ!細いとボリュームも出しずらいし、若々しさが失われてしまう…。
女性にとっては切実な髪の悩み。今回は髪の「パサつき」と「細さ」について調べました!

 

 

 

知らなきゃ損!!正しいヘアケアで悩み知らずの髪質へ!

 

 

日本人は平均して髪の毛が太い人が多いため、西洋人と比べて髪の量は元々少ないんだとか…。
それなのに髪の毛が細くなってしまったら、全くボリュームが出なくなってしまって悲しいですよね…。

 

正しいヘアケアとしては、髪の毛はすぐに乾かす!これ鉄則です!
自然乾燥している方もみえるかもしれませんが、髪の毛に必要な水分が失われてしまうのでダメですよー。
髪の毛のダメージが進んでしまうので気をつけましょう。

 

 

あとは頭皮のマッサージです!指の腹を使って、全体をトントンと刺激し、血流をアップさせてください。
切実に髪の毛で悩んでいる方は、育毛剤を探してみてはいかがでしょうか。
女性が使えるものもたくさんありますよ!

 

お金をかけてもいい!という方は、自分に合うヘアケア製品を探すのもありですね!

 

 

 

原因を知って改善する!髪から元気がなくなる理由と修復方法は!?

髪のトラブル上位!「パサパサ」「細い」は治せるって知ってた?

 

 

やっぱりカラーリングやパーマばかり繰り返していると、髪の毛にはよくないです。

 

私は元々、直毛で髪質も硬く、コンプレックスだ!と思うくらい、髪のボリュームもありました。
それなのに、若い頃からカラーやパーマをかけていたせいで、今はボリュームもないし髪自体も細くなってしまって…。
髪の毛で遊びすぎたな…という感じです。泣

 

 

芸能人だったらサロンで良い薬品を使って、きちんとケアもして限りなくダメージを抑えて、イメチェン出来るんでしょうけど・・・
でも庶民にはそんなお金ありませんので、薬局でカラー剤を購入して自宅で染めておりました。

 

なんとかして髪のパサつきや細さを改善し、若々しさを取り戻すべく、髪に良くない原因を自分なりに調べました!

 

 

  • 乾燥や紫外線の対策不足
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 髪の洗い方がダメ
  • 乾かし方に問題がある

 

主な原因としては上記があげられます。

 

私は冬になると静電気を溜め込みがちで、ついイライラしてしまうのですが、マフラーを着用して外した瞬間、髪の毛が静電気のせいでファーっと広がるんです。笑
バチバチする時もありますし、これ本当に嫌なんですよね。髪の水分量が足りてないのでしょうか。

 

こういう時は、カバンの中に洗い流さなくても済むトリートメントを忍ばせておくと、出掛け先で役立つかもしれません!
部屋の湿度は60%前後に保っておくと良いそうです。

 

紫外線対策としては、こまめに日傘を使ったり、最近では頭皮や髪の毛に使える日焼け止めスプレーも売られているので、そちらもおススメです。

 

 

食生活も髪の毛に影響があるんですね…。

 

  • ミネラル
  • ビタミン
  • たんぱく質

 

これらが髪の毛には大切な栄養素になります。
バランス良く取るのが難しい方はサプリメントに頼ってもいいかと。

 

因みに、脂分の多い食事を続けていると、皮脂が過剰に多くなり、髪の毛の元気が失われる原因になってしまうんだとか…。
これは気をつけましょう!

 

 

みなさん髪の洗い方はそれぞれ違うと思いますが、私が「これは良さそうだな!」と思ったやり方をこれから書いていきますね?!

 

 

シャワーの温度はぬるま湯にする。

 

これは、熱めのお湯だと頭皮の油分を必要以上に洗い流し過ぎてしまい、冷たい水だとなかなか毛穴が開かなくて、汚れが落ちにくくなることがあるためです。

 

 

シャンプーをする前にぬるま湯であらかた汚れを落とす。

 

シャンプーをしなくても、ぬるま湯で流すだけで、汚れの大半は落ちると言われています。

 

ぬるま湯で落としきれなかった汚れを、シャンプーで洗い流すだけでいいんです。
髪に必要な皮脂まで洗い流したりしないよう、シャンプーは軽めに行いましょう!

 

またシャンプーをする際は、ゴシゴシと洗うのは避け、指の腹で揉むような感じで洗いましょう。
そして、シャンプーやトリートメントが頭皮に残らないように、すすぎは丁寧にしてくださいね。

 

 

髪の乾かし方ですが、ドライヤーの熱も髪の毛の乾燥を招きやすいので、髪の毛から20センチほど離して乾かすのがポイントです。
些細なことですが、綺麗な髪の毛を作るには日々の積み重ねだと思うので、コツコツやっていきましょう!

 

 

 

まとめ

 

 

今使っているシャンプーを見直さなくても、まず洗い方を変えてみて、それでも変化が見られなければ、私は行きつけのサロンで相談しようと思います。
庶民はあまりお金をかけられないので…。笑

 

まずは、お金をかけずにやれることをやって、効果を出したいところです!

 

髪のパサパサや細くて悩んでるあなたに!ルメントシャンプー使ってみませんか?